妻の単身赴任

妻の単身赴任

単身赴任は夫がするものとは限らなくなってきています。
女性の社会進出が多くなってきているのです。
それに伴い、管理職に就く女性の数も増加しています。
一昔前は、女性は結婚したら仕事を辞め、家庭に入るものと決められている感がありました。
子育ては妻任せで、夫は仕事に行くという図式が決まっていたように思われます。
もしも、妻の転勤が決まった場合、皆さんはどうするでしょうか。
妻が単身赴任をするのか、それとも夫が仕事を辞めて妻と一緒に転勤先に行くというのもあるでしょう。
もしくは、妻と子供だけが転勤先に赴任するか、どの選択肢も選べずに転勤自体を断るかなど様々な選択肢があるでしょう。
妻が単身赴任するなんて、ありえないと考え、離婚を申し出る夫がいるのは事実です。
しかし、女性の社会進出が著しい昨今では、女性の仕事に対する理解も必要でしょう。
結婚したら、妻は家庭を守り、夫が外で働くという考えは古いのです。
単身赴任は企業だけの話ではありません。
研究者も勤務地を転々とします。
現在独身の女性の研究者も、研究を続けて行きたいので、結婚を諦めなければならないのかと悩む方もいるのです。
家庭と仕事を両立していきたいと考えているのに、男性がそれを認めずに結婚を諦めなければならないことになってきているのです。
男性の方も、もっと女性の仕事に対して理解をしなければならないでしょう。

今までの考えを払拭し、女性の社会進出を認めていって貰いたいものです。