子供が単身赴任の夫を嫌がる

子供が単身赴任の夫を嫌がる

子供が大きくなってからの、お父さんの単身赴任は、さほど問題は無いでしょう。
しかし、幼児の場合は、どうでしょうか。
おそらく、お父さんを他人と判断し、お父さんが近付くと逃げてしまったり、泣いてしまったりしてしまうのではないでしょうか。
小学生であれば、「単身赴任」と言う意味を理解し、たまにしか会えないお父さんとの時間を楽しみにして、毎日を過ごすことでしょう。
しかし、幼児は「単身赴任」と言う意味がわからず、お父さんがたまにしか家にいない事を、不思議に思うでしょう。
お父さんに会っても、緊張してしまったりして話せなくなってしまうのではないでしょうか。
また、お父さんもたまにしか帰らない我が家で、のんびりと過ごしたいからと、子供の世話をせずにくつろいでしまっているのではないでしょうか。
それでは、子供も懐きません。
たまにしか帰ってこないからこそ、子供とたくさん遊んであげる事が大切です。
単身赴任先が近場だったらいいのですが、海外など遠い場所だったら、年に1回しか会えない場合もあるでしょう。
そういう時は、テレビ電話などを活用してはどうでしょうか。
週に2回位、電話をする日を決めて、テレビ電話越しに子供との触れ合いを持ってみてはいかがでしょう。
それでしたら、日々変わり行く子供の成長も見れますし、子供もお父さんを忘れることは無いでしょう。
日々進化する技術を活用し、子供とお父さんとのコミュニケーションを図れると良いですね。