単身赴任の生活費の相場って?

単身赴任の生活費の相場って?

全国に支社・本社を持つ会社に勤めているサラリーマンは、時々転勤を会社から命じられたりします。
単身赴任になる理由としては、「赴任期間が短い」「奥さんが正社員で働いている」「子供が小学生以上で転校させたくない」「マイホームを購入したばかり」などが多いことでしょう。
さて、様々な理由はあるでしょうが、単身赴任になったときの生活費ってどのくらいが相場なのでしょうか?
世帯が二つになるので、費用もかかることでしょう。
できるだけ節約はしたいものですね。
単身赴任の場合は会社がある程度の費用を負担してくれるケースが多いと思います。
会社によって違うでしょうが、家賃(8〜10割会社負担が多い)、場合によっては光熱費、帰省費用(回数制限有り)などがあります。
生活費としては、勤務地や収入によっても違うと思いますが、大体は10万〜15万の辺りが多いようです。
その内訳はほとんどが食費です。
自炊などをして、うまく節約できれば10万円以下で抑えられますし、外食が多くなると高くなります。
一人暮らしになるとついつい外食や弁当に頼りがちになるものです。
はじめは10万から始めてみて、その後、必要に応じて増やしたり減らしたりしたなんて話をよく聞きます。
以前は生活費の中でも携帯電話料などの通信費も多くかかったでしょうが、今は離れていても家族間無料などの嬉しい制度が利用でき、抑えることが出来るようになっています。