単身赴任をして体を壊さないようにするには?

単身赴任をして体を壊さないようにするには?

単身赴任をすると、独身で1人暮らしでも同じことですが、不摂生になりがちです。
まず、生活のリズムは崩れがちになります。
食事も確実に栄養のある物を3度3度食べることもなくなるでしょう。
単身赴任をする前はジムなどに通い運動していても、場所が変わると億劫になりがちです。
赴任先が気候も大きく違うところだと、更に体調を崩しやすくなります。
最初の基本は生活のリズムを壊さないことです。
寝る時間や起床時間はいつも一定にし、食事の時間も大きくずれないようにしましょう。
朝日を浴びるのは大切なことです。
また、単身赴任になると、食事が偏食しがちな上に、外食や出来合いのものが多く、高カロリー、塩分過多にもなりかねません。
出来る限り自炊を行い、炭水化物、タンパク質、野菜などを考えて摂取していくようにしましょう。
インターネットでレシピを探したりして簡単なものから作ってみてはいかがでしょうか?
鍋などは1個万能鍋を常備しておいてもいいと思います。
若い間は良くとも歳を取ると、一気に体にきます。
食生活は生活の基本です。
お菓子やアルコールの撮りすぎにも注意をしましょう。
後は体力作りです。

ウォーキングをしたり、通勤に自転車を使ったり、一駅分くらい歩いてみたり、自宅で出来る簡単な筋トレを取り入れたりして、運動をしていきましょう。
単身赴任だと、病気をしても看病してくれる人はいません。
日頃から健康管理に気をつけてください。