単身赴任先で暴飲暴食をしないには?

単身赴任先で暴飲暴食をしないには?

単身赴任をすると、ついつい暴飲暴食に走りがちになります。
一人だと毎日の食事がいいかげんになってしまい、出来合いのものや、外食、弁当などで、すませがちになってしまいます。
付き合いで飲みに行くことも多いでしょう。
過度な暴飲暴食は胃に負担をかけますし、健康上決して良いとは言えません。
「平気だよ〜!」なんて言っていた人でも、歳を取ったら体調に異変をきたしたと良く聞きます。
なので、健康管理をする意味でも、暴飲暴食は避け、健康的な食生活を送って欲しいものです。
では、暴飲暴食を避けるためにはどうしたらいいのでしょうか?
一口で言えば、当たり前ですが、食べ過ぎないことです。
但し、いくら食べ過ぎないといっても、肉などの高カロリー食ばかり食べていてはいけません。
一人だと手軽なファーストフードに頼りがちになりますが、食べ過ぎは良くありません。
一日の総摂取カロリーを考えて、炭水化物・タンパク質・野菜・海草類などを考えて食べるようにするのが、いいと思います。
外食する場合は、野菜や海草類が不足しがちですが、日頃の食生活に取り込んでいってみてはどうでしょうか?
お腹が満たされない場合は野菜の量を多めにするといいです。
あと、一人だと、好きな時間に好きな物を食べ、面倒なときはスナック菓子や惣菜パンなどで、すませてしまいがちですが、出来るだけ規則正しく、朝昼晩3食食べるようにしましょう。
もちろん、適度に運動することも大切です。