単身赴任手当について

単身赴任手当について

単身赴任手当ては、法律で決められていないので、各企業によって支給条件は様々です。
ほとんどの企業では、課税対象になっているため、総支給額が増えてきます。
しかし、実際には収入は増えるどころか、増えた分を税金で取られてしまっているので、減収になっている家庭がほとんどだと思います。
単身赴任手当てとして、どのような内容のものがあるのでしょう。
これも、企業によって違ってくるものです。
基本的には、「単身手当て」として生活費の補助的な金額を貰えます。
そして、「帰省旅費」です。
単身先から自宅までの旅費を貰うことができます。
これは、実際に掛かった金額を貰える企業や、一律で金額が決められている企業などがあります。
月に1回分の旅費であったり、月に2回分の旅費であったりします。
また、単身先の場所にもよりますが、田舎から都心へ出てくる場合には、都心の方が物価が高くお金も掛かるために、都市手当てなどがある企業もあるようです。
また、「単身赴任手当て支給要件」として、単身する前に配偶者と同居していた、ということが条件になる場合があります。
婚約していただけで、同居はしていなかった事例では、単身赴任手当てが支給されなかったということがあります。
さらに、赴任先が実家から近いということで、実家に住むようになった事例でも、単身赴任手当てが支給されないということもあります。
これも、企業によって異なりますので、確認が必要です。